選手宣誓は福島高専・小平主将「うれしい」 夏の高校野球福島

©福島民友新聞株式会社

選手宣誓に決まった福島高専の小平主将

 夏の甲子園出場を懸けた第103回全国高校野球選手権福島大会の組み合わせ抽選会が21日、郡山市の郡山ユラックス熱海で開かれ、対戦カードが決まった。選手宣誓は福島高専の小平和馬主将(3年)が務める。

 「まだ実感が湧かないですが、うれしいに尽きる」。希望した45校の中からたった一つの当たりくじを引き当てた福島高専の小平主将は、興奮気味に語った。

 新型コロナウイルスの影響で練習ができない時期を経験し「日々、野球ができる環境が当たり前じゃないことに気付けた」

 地元のいわきグリーンスタジアムで披露する宣誓には、支えてくれた保護者や卒業生、上級生への感謝の気持ちを込めるつもりだ。「代表として恥ずかしくない宣誓をする」と約束した。