ミツオカ初のSUV「バディ」が2021年6月24日に正式発売! 既に2年待ちの大人気モデル、工場から生産第1号車が出荷

© 株式会社MOTA

光岡自動車は、同社初のSUVモデルとなる新型車「Buddy(バディ)」を2021年6月24日(木)に発売する。これに先駆け光岡自動車では、ミツオカ バディの生産第一号車をラインオフ(工場初出荷)する模様について、同社公式YouTubeチャンネルで6月17日(木)より先行公開した。

「ミツオカ バディ 20ST」(2WD・2リッターガソリン)[オプション装着車] [Photo:小林 岳夫]

ラインオフ第一号車のボディカラーは「ノースカロライナブルー/ホワイト」

光岡自動車初のSUVモデル「ミツオカ バディ」

ミツオカ 新型バディは光岡自動車初のSUVモデルだ。2020年11月26日(木)に正式発表。先行予約の受付を開始した途端、早々に受注が殺到するなど、デビュー前から話題を呼んでいる。

光岡自動車では生産準備が整ったとして、2021年4月28日(水)に正式発売日を2021年4月28日(水)に決定。これに先駆け同社公式YouTubeチャンネルで、ミツオカ バディの生産第一号車がラインオフ(工場初出荷)される模様を6月17日(木)より公開した。

ラインオフのセレモニーを公式動画で公開

水色の2トーンカラー(ノースカロライナブルー/ホワイト:+48万4000円のオプション色)

動画では、製造スタッフたちが見守る中、完成検査を終えた水色の2トーンカラー(ノースカロライナブルー/ホワイト:+48万4000円のオプション色)のミツオカ バディが、工場のゲートから静かに出場するシーンが見られる。光岡自動車の公式動画では、このほかにも新型バディの製造過程など貴重なシーンの数々を観ることが出来る。

・ 動画配信サイト (YouTube 公式アカウント) : https://www.youtube.com/c/MitsuokamotorJP

既に2年以上の納車待ちに! ミツオカ バディが気になるなら早めに問い合わせを

光岡自動車では、バディ発表後の反響の大きさから、同モデルの生産ラインを見直しを急きょ実施。2022年以降、当初年間150台の生産計画だったところ、専用の生産ラインを新設定することで、倍の300台に増やすこととした。

光岡自動車のホームページをみてみると【2021年6月現在のお申し込みは2023年6月から9月までの生産枠となります。】との記載がある[2021年6月22日(火)現在]。生産ラインを強化したとはいえ、既に2年以上の納車待ちとなっていることがわかる。

ミツオカ バディが気になるなら、早めに全国のミツオカ取り扱い店に問い合わせてみたほうが良いだろう。

[筆者:MOTA(モータ)編集部/撮影:小林 岳夫・光岡自動車]