ワクチン接種予約を代行 ネットに不慣れな高齢者支援 佐世保の団体

© 株式会社長崎新聞社

ワクチン接種のため、男性の希望を聞き取るメンバー=佐世保市下京町、西海みずきビル

 インターネットの扱いに不慣れな高齢者の新型コロナウイルスワクチン接種の予約を支援しようと、長崎県佐世保市内の団体などが予約代行を始めた。メンバーらはパソコンを持参し、依頼者から希望の日時や場所などをヒアリングし予約につなげている。
 子ども食堂の開催などを手掛ける子育て支援団体「親子いこいの広場もくもく」(数山有里代表)が発案。利用者や学生ボランティアのメンバーも参加している。
 初回は21日に同市下京町の西海みずきビルで開催。訪れた70代男性は、妻の接種予約を依頼。「長い距離を歩くのは難しい」「知っている場所の近くだと行きやすい」といった要望を聞き取り、予約を完了させた。男性は「電話ではなかなか予約できず、どうしようかと思っていた。一刻も早く接種させたかったので本当にありがたい」と語った。
 数山代表は「実際にやってみて一人一人にさまざまな要望があると分かった。困っている人たちに支援が届くよう、今後も関係先と連携しながら発信していきたい」としている。
 予約代行は28日と7月5日にも午前10時半~午後1時まで、同ビルで実施する予定。