40年超原発、初の再稼働

福井、関電美浜3号機

©一般社団法人共同通信社

関西電力美浜原発3号機=福井県美浜町

 関西電力は23日、運転開始から40年を超えた美浜原発3号機(福井県美浜町)の原子炉を起動し、再稼働させた。運転期間を「原則40年、最長で延長20年」とする現行ルール下で全国初。東京電力福島第1原発事故から10年の節目で「60年運転時代」に入る。美浜3号機の運転は約10年ぶり。原発に義務付けられたテロ対策施設が未完成で設置期限前の10月23日に停止する予定のため、4カ月間の短期運転となる。

 政府は脱炭素電源の活用を掲げる一方、原発依存度を低減させる姿勢も見せる。新増設が見通しにくい中での再稼働は、他の原発の運転計画にも影響を与えそうだ。