組織委、学校連携は入場経路分離

感染防止へ団体券発行も

©一般社団法人共同通信社

東京五輪の競技会場近くにあるフェンス=23日午後、東京・お台場

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は23日、子どもたちに低価格で観戦機会を提供する「学校連携観戦プログラム」の感染防止対策を発表し、チケットを確認する入場時の経路を一般の観客と分ける方針を示した。チケットは1人1枚ではなく、学校やクラス単位で「団体券」を発行し、確認作業を短時間で効率的に行えるようにする。

 観戦は夜の時間帯を避け、地元や近くの会場になるように配慮。全ての児童、生徒に目印として学校名などを記したネームタグを着用させ、一般の人と交わらないようにする。