【中国】コロナ新薬、昨年に59種類の審査終了[医薬]

© 株式会社NNA

中国国家薬品監督管理局はこのほど発表した2020年の新薬の審査報告書で、同年に新型コロナウイルス感染症に対する効果が見込まれる59種類の新薬(ワクチンや中国医学の医薬品を含む)の技術審査を終えたと明らかにした。うち1種類は既に市場への供給を許可しており、53種類は臨床試験の実施を承認した。

市場への供給を許可したのは、新型コロナウイルスの不活化ワクチン1種類。臨床試験を承認した53種類のうち、肺炎治療薬などを含む5種類は既に第3相(フェーズ3)臨床試験に入っている。

同局はこれらの医薬品について、公共の安全が脅かされた際の特別規定に沿って迅速な審査を実施。従来よりも審査スピードを上げている。

■20年の新薬申請は3割増

同局が20年に受け付けた新薬の登録申請件数は前年比32.7%増の1万1,582件。うち技術審査を必要とする申請は26.2%増の8,606件だった。