きょう夏の高校野球県大会抽選

©株式会社岩手日報社

 第103回全国高校野球選手権岩手大会の組み合わせ抽選会は24日午後1時から、盛岡市永井のキャラホールで行われる。61チームの対戦相手が決まる。

 春王者の花巻東が第1シード、準優勝の盛岡大付が第2シード。第3シードは久慈、第4シードは花巻南と公立校が入った。残るシードは盛岡中央、専大北上、宮古商工、一関学院となった。

 春の県大会で惜しくも8強入りを逃した黒沢尻工や水沢商など、今大会はノーシードにも実力校が多い。2年ぶりに開催される夏の甲子園大会出場を懸け、混戦が予想される。