警察庁サイバー部隊創設

中ロ北朝鮮の攻撃警戒

©一般社団法人共同通信社

警察庁=東京・霞が関

 警察庁は24日、重大サイバー事件に対抗するため「サイバー局」を創設し、全国の警察から捜査員を集めて独自捜査に当たる200人程度の「サイバー直轄隊」(仮称)を発足させる方針を決めた。来年の通常国会で警察法を改正し、サイバー局は2022年4月、直轄隊は22年度内の運用開始を目指す。

 中国やロシア、北朝鮮など国家レベルの関与が疑われる大規模サイバー攻撃に強い姿勢で臨む必要があると判断した。局の新設は1994年7月の生活安全局以来。皇宮警察本部を除き、警察庁が直接捜査を担うのは54年の同庁設置後初めて。