UEFA、アウェイゴール廃止を決定

©株式会社コリー

欧州サッカー連盟(UEFA)は24日、「アウェイゴールルールを廃止する」と公式発表した。

1965年に導入されたアウェイゴールルール。同点になった場合、敵地で決めたゴールがより大きく計算されるというものだ。

しかし以前からこのルールにはいくつかの批判があった。

一つは2ndレグで延長戦に突入した場合にアウェイのチームが有利になってしまうという点。不公平であるとしてアーセン・ヴェンゲル氏らが問題視していた。

また試合内容についても、ホームの側が失点を避けるために守備的にならざるをえないという部分があり、エンターテインメント性を失わせてしまうという指摘も。

さらにかつてほどホームとアウェイの差がなくなっているという点も踏まえ、時代に合わない規則になっているという評価もあった。

そして今回UEFAは各クラブとの協議の上、アウェイゴールルールの廃止を決めたとのことだ。

【写真】動画と写真で見る「欧州カップ戦、歴史上最高の逆転勝利」TOP12

なお、これによって2021-22シーズンからチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ、カンファレンスリーグなどUEFAが主催するすべての大会でアウェイゴールルールが撤廃されるとのこと。