生真面目なワーゲンがポップになった!? フォルクスワーゲンの優等生、新型“ゴルフ”はカラバリの豊富さもウリだった

© 株式会社MOTA

フォルクスワーゲン ゴルフといえば、輸入車でも1、2位を争う人気モデル。歴代モデルとも、ドイツ車らしい精緻な造りの良さがあり、非常に生真面目な印象だ。これが日本人の気質ともマッチしていたこともあって、長年ベストセラーとなっている。そんなゴルフが2021年6月にフルモデルチェンジ。8代目の新型ゴルフは、随分とポップなカラーで生まれ変わったという!今回は新型ゴルフに用意されたカラーバリエーションを一気にご紹介! 生真面目だけじゃない、新しいゴルフの世界をお届けしよう。

フォルクスワーゲン 新型ゴルフ(8代目)カラーバリエーション例[2021年6月15日発売] [Photo:フォルクスワーゲン グループ ジャパン]

生まれ変わった新型ゴルフのシャープなフォルムを引き立てるのは全8色のカラーバリエーション

<ボディカラー:オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト>, <ボディカラー:アトランティックブルーメタリック>
<ボディカラー:オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト>, <ボディカラー:アトランティックブルーメタリック>

8年ぶりのフルモデルチェンジを実施した8代目新型ゴルフ。最新のデジタル技術を採用したインテリアや、全車48Vマイルドハイブリッド化による電動化、そして最新の先進運転支援システムの標準採用など、すべての面で8年分以上の進化を遂げている。

さらに新型ゴルフは、歴代モデルで受け継がれる機能美に加え、薄型化されたなフロントノーズの形状から始まるウェッジシェイプ(前傾姿勢)のシャープなフォルムで、エクステリアデザインが一段と洗練された印象だ。

そんな新型ゴルフ(ゴルフ8)のデザインをさらに引き立てるのが、全8色用意されたカラーバリエーションだ。

VW 新型ゴルフのボディカラーは全8色! イチ推しは“ライムイエローメタリック”だ!

フォルクスワーゲン新型ゴルフ eTSI Style<ボディカラー:ライムイエローメタリック>

新型ゴルフに用意されたボディカラーは全8色。うち、「ライムイエローメタリック」「ドルフィングレーメタリック」「キングズレッドメタリック」「ムーンストーングレー」は新色だ。

中でもイチ推しは、新型ゴルフを印象づけるテーマカラーのライムイエローメタリック。躍動感ある新型のフォルムにも良くマッチしたアクティブなカラーだ。ただしライムイエロー及びキングズレッドメタリックについては3万3000円のオプションカラーである点だけ注意が必要だ。また「オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト」は6万6000円のオプションカラーである。

新型ゴルフ(ゴルフ8)のカラーバリエーションを一挙にご紹介!

それではここからは一気に新型ゴルフのカラーバリエーションを写真とともにご紹介していこう。

<ボディカラー:ライムイエローメタリック(有償オプション色)>

やはりこのライムイエローは新型ゴルフを印象づけるインパクト絶大なカラー。派手さを抑えた優しい黄色だから、大人の男女が乗っても良く似合いそうだ。

<ボディカラー:ムーンストーングレー>

明るいグレーの新色ムーンストーングレーも面白い色合い。都会のビル群や郊外のグリーン、どちらにもしっくりくるファッショナブルなカラーだ。

<ボディカラー:キングズレッドメタリック(有償オプション色)>
<ボディカラー:オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト(有償オプション色)>

キングズレッドメタリックも、通常のレッドよりは抑え気味。オリックスホワイトマザーオブパールエフェクトもボディの面質を豊かに表現してくれる。ともに新型ゴルフでより高まった品質感を強調する色合いである。

<ボディカラー:アトランティックブルーメタリック>
<ボディカラー: ドルフィングレー メタリック>

濃いめの紺色、アトランティックブルーメタリックはVWでもお馴染みの定番色。

ドルフィングレー メタリックも新色。明るめのムーンストーングレーとはまた違った、独特のシックな風合いで、スポーティなフォルムとの愛称も抜群だ。

<ボディカラー:ピュアホワイト>
<ボディカラー:ディープブラックパールエフェクト>

ベーシックなピュアホワイトと、ディープブラックパールエフェクトも根強い人気。選んで間違いない鉄板カラーといえる。

ポップな色合いからシックなものまで、全8色の中からお好みのカラーは見つかっただろうか。新型ゴルフ(ゴルフ8)の価格は、291万6000円(eTSI Active Basic)から375万5000円(「キングズレッドメタリック」)までとなっている[価格は消費税込]。

[まとめ:MOTA(モータ)編集部/撮影:茂呂 幸正・フォルクスワーゲングループジャパン]