台風、小笠原諸島に接近

高波・強風に警戒

©一般社団法人共同通信社

台風5号の予想進路(25日21時現在)

 強い台風5号は25日、日本の南の海上を北寄りに進んだ。今後も発達を続けながら26日夜から27日昼ごろにかけて小笠原諸島に接近する恐れがあり、気象庁はうねりを伴った高波や強風に警戒するよう呼び掛けている。

 気象庁によると、台風は25日午後9時現在、時速約20キロで北に進んだ。中心気圧は980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径45キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。小笠原諸島では27日にかけて波の高さが5メートルに達する見通しだ。