五輪の大会ボラ、全員に接種可能

モデルナ製を追加で確保

©一般社団法人共同通信社

五輪マークのモニュメントと東京五輪の開会式が行われる国立競技場(奥)

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は26日、全ての大会ボランティアが新型コロナウイルスのワクチン接種を受けることが可能になったと明らかにした。これまでは選手と接触機会の多いボランティアらを対象に、米ファイザーから大会向けに無償提供されるワクチンを接種する計画だった。その他のボランティアについても、東京都の協力で米モデルナ製を追加確保した。競技会場や選手村などで運営に携わる大会ボランティアは約7万人。

 モデルナ製ワクチンの接種は1回目を今月30日~7月3日に、2回目を7月31日~8月2日、10日、11日に行う。