広1―1中(27日)

広島が追い付き引き分け

©一般社団法人共同通信社

6回広島2死一塁、林が右中間に同点二塁打を放つ=マツダ

 広島が追い付き、引き分けた。0―1の六回2死一塁から林が適時二塁打を放った。森下は走者を背負いながら粘り強く、8回1失点の投球だった。中日は一回に高橋周の適時打で先行したものの、二回以降は三塁を踏めなかった。