陸上、泉谷駿介が日本新で五輪へ

110m障害、日本選手権最終日

©一般社団法人共同通信社

陸上日本選手権の男子110メートル障害決勝で13秒06の日本新記録をマークして優勝し、東京五輪代表に決まった泉谷駿介=ヤンマースタジアム長居

 東京五輪代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権最終日は27日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、男子110メートル障害は泉谷駿介(順大)が13秒06の日本新記録で初優勝した。金井大旺が2位、高山峻野が3位。3人は東京五輪代表に決まった。

 男子200メートルは小池祐貴が20秒46で初優勝し代表に決定。同走り幅跳びは橋岡優輝が大会新の8メートル36で2年ぶり4度目の優勝。2位の津波響樹、3位の城山正太郎まで3人が代表入りした。

 女子5000メートルは広中璃梨佳が15分5秒69で初優勝。2位の新谷仁美とともに、1万メートルに続き代表となった。田中希実が3位。

広中璃梨佳(左)、新谷仁美
男子200メートルで優勝し、東京五輪代表に決まった小池祐貴=ヤンマースタジアム長居