【卓球】苫小牧出身 丹羽孝希 北海道の方々へ「メダルを取る姿を見せたい」

©北海道文化放送株式会社

卓球、東京五輪代表の丹羽孝希選手(26歳・スヴェンソンホールディングス所属)は6月28日、東京五輪まで1ヵ月を切り、報道陣のインタビューに応じました。

丹羽選手はロンドン、リオデジャネイロ、東京と五輪3大会に出場。東京五輪が1年間延期となり「他の大会よりも調整面、気持ちの部分は難しい。今回が一番プレッシャーも大きいですし、注目度も一番あるのでその中で結果を残したい」と、コメントしました。また、残り1ヵ月で磨きたいプレーを聞かれると「得意なチキータだったり、カウンタープレーをもっと練習して少しでも精度を上げられるようにしたい」と語りました。

丹羽選手はシングルスと団体の代表となっており、団体では水谷隼選手(32)張本智和選手(18)と3人で戦います。「水谷さん、張本は非常に強いのでしっかり仕上げて、僕がシングルスやダブルスで点を取れれば勝てると思う。もっとしっかりしないとなという思いは強いです」と、代表の責任を語りました。

そして、私生活ではうれしいニュースが。6月23日に第1子である長女が誕生しました。出産に立ち会ったという丹羽選手は「本当に感動しました。自覚をより持ったというかしっかりしなきゃいけないと思いました。メダルを取ってカッコイイ姿を見せたい」と、父としての一面を早速のぞかせていました。

小学6年生までの12年間、北海道苫小牧市で過ごした丹羽選手。地元北海道の方々へメッセージを残してくれました。「12年しかいられなかったんですけど、大好きですし、非常に思い出のある場所。いつも応援してもらっていますし、メダルを取る姿を見せたいなと思います。応援してほしいです」とコメントしました。

東京五輪、卓球男子シングルスは7月24日(土)から、男子団体1回戦は8月1日(日)から行われます。

◆丹羽孝希(にわ・こうき)選手

生年月日:1994年10月10日(26歳) 出身地:北海道苫小牧市 卓球歴:7歳時に卓球クラブ“苫小牧ジュニア”でスタート ~青森山田中・高~明治大 五輪代表歴:ロンドン・リオデジャネイロ・東京(リオデジャネイロ五輪団体銀メダル)戦型:左シェーク攻撃型