Jリーグと環境省が連携協定 小泉進次郎大臣「環境への取り組みでキラーパスを出して」

©株式会社東京スポーツ新聞社

左からJリーグ・村井満チェアマン、小泉進次郎環境相、中村憲剛氏(Jリーグ提供)

環境省とJリーグは28日、連携協定を締結した。それぞれの知見を共有しながら地球温暖化やプラスチックごみの対策に協力して取り組んでいく。

この日は都内で協定締結イベントが行われ、小泉進次郎環境相(40)とJリーグの村井満チェアマン(61)らが出席。小泉環境相は「サッカーを通じて気候変動対策、環境への取り組みを多くの皆さんに広げていくための協定を結ぶことができ、こんなに心強いことはない」と意義を語った。村井チェアマンは「Jリーグは全国に57クラブある。そのネットワークを生かしながら環境に向き合っていくことができれば」。その上で2025年までに全57クラブで使い捨てプラスチックの使用廃止をぶち上げた。

またイベントではトークショーも行われ、昨季限りで現役を引退した元日本代表の中村憲剛氏(40)も参加。小泉環境相から「環境への取り組みでこれからはキラーパスを出してもらいたい」と言われ「それは出したいですね」と応じた。環境問題についても現役時代と同じピンポイントな活動も期待できそうだ。

この記事はいかがでしたか?