高橋侑子「全てを出し切る」

トライアスロン日本代表が会見

©一般社団法人共同通信社

東京五輪に向けてオンラインで記者会見するトライアスロン女子日本代表の高橋侑子=30日

 トライアスロンの東京五輪日本代表に決まった4選手が30日、オンラインで記者会見し、女子のエースで練習拠点のポルトガルから出席した高橋侑子(富士通)は「わくわくしている。メダルは大きな目標。やってきたことを全て出し切る」と意気込んだ。

 25歳の成長株、岸本新菜(福井県スポーツ協会・稲毛インター)は「自分らしいレースができれば」と話した。

 男子のニナー賢治(NTT東日本・NTT西日本)はオーストラリア出身で、4月に日本国籍を取得。「五輪は子どもの頃からの夢。毎日状態が良くなっている」。小田倉真(三井住友海上)は「粘って食らい付く」と語った。4人は五輪初出場。