和歌山・白良浜で雨の中の海開き

「安全対策万全」8月まで

© 一般社団法人共同通信社

白良浜の海開きで、神事を行う地元神社の宮司=1日午前、和歌山県白浜町

 白砂のリゾートとして人気が高い和歌山県白浜町の白良浜で1日、海開きの神事が行われ、強い雨の中、約20人が参加した。更衣室を設けず、南紀白浜観光協会は出店を取りやめるなど、昨年に続き新型コロナウイルスに警戒しながらのシーズン入り。それでも、観光協会の藤田正夫会長は「浜は町の宝物。安全対策を万全にしてお客さまを迎えたい」と意気込んだ。

 白良浜は米ハワイのワイキキビーチと姉妹浜で、長さ約620メートル。海水浴場は8月末まで開く。昨年はコロナの影響で、訪問客は2019年の4割ほどに当たる約15万2千人にとどまった。

この記事はいかがでしたか?