五輪のインド選手応援 黒部市 ポスターやのぼり旗

©株式会社北國新聞社

インド選手応援のポスターやのぼり旗=黒部市役所

 東京五輪のインド・アーチェリー選手団のホストタウンとなっている黒部市は1日、新しい応援のぼり旗とポスターを市内の施設に配布した。

 市がこれまでに実施したインドPRイベントなどで、市民が制作したインドの砂絵「ランゴリ」や市民の手形、メッセージなどがデザインされている。

 市は市民や企業を対象に、インド応援画像や動画の募集も始めた。応援メッセージうちわ5千枚を作り、市内の児童生徒に配布するほか、応援動画の制作協力者にも提供する。締め切りは19日で、ユーチューブなどで公開するほか、インド選手にDVDを贈る。応募者にはオリジナルグッズがプレゼントされる。

 市図書館では2日から8月8日まで、インドから寄贈された本50冊とインドや五輪、アーチェリー競技に関する本を集めた特別企画展が開かれる。市内児童の応援メッセージも展示される。