【1日】長崎県内 大村7人、佐世保5人がコロナ感染

© 株式会社長崎新聞社

新型コロナウイルス感染者の入院状況(30日午後7時現在)

 長崎県と佐世保市は1日、県内で新たに計12人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。内訳は大村市7人、佐世保市5人。
 大村市の20代女性は県内陽性者の濃厚接触者。この女性の濃厚接触者として検査した40代男性会社員や10歳未満男児ら5人の感染も確認された。6人は同じ場所で接触しておらず、県はクラスター(感染者集団)と判断していない。市内の50代の男性は初発事例だった。
 佐世保市では、海上自衛隊のクラスター関連で検査を受けた10代の男女隊員、20代男性隊員の計3人の感染が分かり、関連の感染者は計10人となった。20代男性飲食店従業員は市内陽性者の濃厚接触者。この男性と6月28日に接触した20代女性の陽性も確認された。