コロナワクチン 「正しく理解し判断を」 長崎県立大が解説動画公開

© 株式会社長崎新聞社

 長崎県立大は、新型コロナウイルスのワクチン接種について学生らに正しく理解してもらい、接種率の向上につなげようと、ワクチンの有効性などについて解説した動画を同大ホームページで公開している。
 同大は学生や教職員、佐世保商工会議所の会員事業所など計8600人を対象に職場接種を実施する。会場は佐世保校(佐世保市川下町)とシーボルト校(西彼長与町)に設置し、早ければ今月下旬に開始する予定。
 動画は同大地域連携センターの田中一成特任教授と、医師の資格を持つ看護栄養学部の大曲勝久教授が監修。約6分半で、新型コロナウイルスの構造や感染する仕組み、ワクチンの有効性、副反応などについて、科学的な根拠に基づき説明している。
 同大の担当者は「接種は強制ではないが、正しく理解した上で判断してほしい。動画は誰でも見られるので、接種について不安がある人はぜひ見てほしい」と話した。