五島列島にしごとを創り暮らしを守るため、事業所設置・起業を全国から公募します。事業費の4分の3(最大1,200万円)を助成。

© ネイティブ株式会社

長崎県五島市は、市内での雇用創出につながる事業拡大や起業に要する経費の4分の3(最大1,200万円)を補助する事業を全国から公募します。

【五島市について】

五島市は、長崎市の西約100キロに浮かぶ11の有人島と52の無人島で構成されています。
美しい砂浜などの自然景観と文化的歴史的資産が豊かな観光地であり、世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産を有する、注目度上昇中の地方自治体です。

【雇用創出が必要な背景】

五島市は、人口減少が進んでおり、50年後には今の半分になろうとしています。日本の国境地域を守るためにも、国境に面した離島である五島市の人口の維持が必要です。
五島市は、人口維持のためにも、若い世代のための安定した雇用を創出し、高校卒業後の市内就職率の向上と島外へ転出した若者のUIターンを促進しています。五島は可能性を秘めた宝の島です。あなたの能力を活かして五島で事業展開しませんか?

【これまでの活用実績】

平成29年度…41事業を採択し144人の雇用を創出
平成30年度…49事業を採択し133人の雇用を創出
平成31年度…37事業を採択し92人の雇用を創出
令和2年度…38事業を採択し94人の雇用を創出

<採択事業の例>
・東京に本社を置く上場企業のサテライトオフィスを五島市に開設
・空き物件を改修し、デザイナーズホテルを開業
・東京の飲食店で提供する料理の食品加工を行う拠点を五島市に開設
・五島ならではの絶景や食材を活用したオーダーメイド型の結婚式プロデュース事業
・高額な五島への引っ越しを独自の連携体制で安価に行う五島専門の引っ越し事業
・障がい者在宅雇用シェアリングサービス事業
・マリンレジャー体験型民宿と遊漁船の開業

【補助事業の概要】
1.事業実施の要件
①新規雇用が発生する創業又は事業拡大
②将来的に売上増又は付加価値額の増加が見込まれること
③資金調達が十分見込まれること
2.スケジュール
①公募期間:2021年7月1日(木)~2021年8月2日(月)17時必着
②事前個別相談:2021年7月1日(木)~2021年8月2日(月)/場所:五島市役所
※料金:無料
※要予約:事前に電話でお申し込みください。
申込先:五島市産業振興部商工雇用政策課 電話:0959-72-7862
③審査委員会:2021年8月下旬(事業内容プレゼン等)
④事業採択:2021年9月末
⑤事業期間:交付決定日(2021年10月1日)~2022年3月31日
3.補助対象事業費の上限額

4.本事業の趣旨への合致(以下のいずれかに該当すること)

①島外の需要を取り込み、島内の経済及び雇用を拡大させる事業
②島内の生活や産業にとって必要不可欠な商品、サービスにも関わらず、現状で島内に提供する事業者が存在しないため、島外の事業者に依存せざるを得ない状況を改善する事業
③島外から事務所を移転して行う事業、島外から移住して創業する事業など、市への転入者数の増加に直接的な効果が明確な事業
④島外から人材を一元的に募集・確保して島内で不足する働き手として活用するなど、島内に働き手を呼び込み、安定的な雇用を創出する効果があるもの

補助事業詳細ホームページ
https://www.city.goto.nagasaki.jp/s049/040/010/010/080/20190314165532.html

【お問い合わせ】
五島市役所 産業振興部 商工雇用政策課
電話:0959-72-7862(直通)
FAX:0959-74-1994(代表)
e-mail:shoukou@city.goto.lg.jp

The post 五島列島にしごとを創り暮らしを守るため、事業所設置・起業を全国から公募します。事業費の4分の3(最大1,200万円)を助成。 first appeared on Nativ.media | 地方移住・関係人口創出のプラットフォーム.