乗車時のわくわく感、これからも 湘南モノレールが全線開通50周年 記念のロゴマークも発表

© 株式会社神奈川新聞社

湘南モノレール

 1970年に大船-西鎌倉間で営業運転を始め、翌年7月2日には西鎌倉-湘南江の島間が延伸された湘南モノレール(鎌倉市)の全線開通50周年を記念したセレモニーが2日、同線湘南江の島駅で行われた。

 藤沢市の鈴木恒夫市長や藤沢商工会議所の増田隆之会頭らが節目を祝った。

 同社は全線開通50周年を記念して車両のヘッドマークなどに使用するロゴマークのコンテストを実施。セレモニーでは、157点の応募の中から最優秀賞に選ばれた葉山町でデザイン事務所を営む朝川賢一さんの作品が発表された。

 ロゴは50の数字を中心に車両の7色を使用し、懸垂式モノレールを配置。走行時の爽快感と未来へと続いていくわくわく感、大船と湘南江の島をつなぐアップダウン感を表現したという。