【3日】長崎県内3市 7人コロナ感染 海上自衛隊のクラスター拡大

© 株式会社長崎新聞社

新型コロナウイルス感染者の入院状況

 長崎県と佐世保市は3日、新たに7人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。内訳は佐世保市4人、諫早市2人、大村市1人。
 佐世保市では、これまでに確認された海上自衛隊のクラスター(感染者集団)が拡大。新たに20代女性海上自衛隊員の陽性が判明し、クラスターは計11人となった。
 10代男子学生と10代女子学生は、市内陽性者の同居家族。濃厚接触者として検査し陽性が判明した。30代女性パート従業員は6月29日、市内陽性者の同居家族で濃厚接触者として検査を受け陰性だったが、両足の痛みなどの症状が出て、2日に再検査し感染が分かった。
 諫早市の職業非公表の30代男性と40代男性団体職員は、いずれも県内陽性者の濃厚接触者として検査を受け、陽性が判明した。
 大村市の30代女性パート従業員は6月29日から微熱やせきなどの症状が現れ、2日に陽性を確認。県内陽性者と接触があった。接触者など9人の検査を進める。