観客1万人でも感染ゼロ?

文科省、競技場で模擬実験

©一般社団法人共同通信社

夕闇に包まれる国立競技場=6月

 文部科学省は6日、スーパーコンピューター「富岳」を用いてシミュレーションした結果、東京五輪で国立競技場に1万人の観客を入れても、対策をすれば場内で新規感染者が出る可能性はほぼゼロだったと発表した。ただ、政府の新型コロナ感染症対策分科会の尾身会長らは、観客を入れて開催することで競技場外でも人流が増加し感染拡大が進む可能性を繰り返し指摘しており、懸念が払拭されたとは言いがたい状況だ。

 萩生田文科相は記者会見で「マスクをし席を空けて座ってもらう前提で、感染拡大は抑えられることが科学的にも証明できた」として、大会組織委とも共有したと明らかにした。