スーパーボランティア、熱海に

人命救助希望、受け入れられず

© 一般社団法人共同通信社

静岡県熱海市を訪れ人命救助への参加を希望したが実現しなかった「スーパーボランティア」尾畠春夫さん=8日午前9時半ごろ

 「スーパーボランティア」として知られる大分県日出町の尾畠春夫さん(81)が8日、大規模土石流の被害を受けた静岡県熱海市を訪れた。「泥に漬かっている人を引っ張り出してあげたい」と人命救助への参加を希望したが、受け入れ態勢が整っていないとして、実現しなかった。

 市役所訪問後に報道陣の取材に応じた尾畠さんは、生存率低下の目安とされる72時間が過ぎた点を問われ「そんなこと関係ない。人間の命はそんな簡単になくなるもんじゃない」と語気を強めた。

 尾畠さんは、2004年の新潟県中越地震から災害ボランティアに取り組んできた。