アニメ画で埼玉・川越の建物を紹介 狭山の出版社がガイド本 モダンな近代建築、アニメや特撮の舞台にも

©株式会社埼玉新聞社

かまぼこ型の屋根が特徴の「味の店いせや」の前で「川越の建物 近代建築編」を手にする神谷利一さん=川越市連雀町

 埼玉県川越の市街地にある大正から昭和のモダンな建物を紹介した「川越の建物 近代建築編」を、川越出身の神谷利一さん(48)が代表を務める仙波書房(狭山市)が出版した。建物のイラストはアニメーション制作会社の描き下ろし。写実的で、独特な空気感を表現した絵で建物の魅力を引き出している。

 「仙波書房」は神谷さんが編集制作から営業までこなす“一人出版社”。約15年間勤めた医療系の出版社を退社し、1月に設立した。趣味で川越の建物の模型を作っていたこともあり、第1弾の本は「川越の建物」に決めた。

 川越を舞台にしたアニメ「月がきれい」で、見慣れた故郷が写実的で素晴らしく描かれていたことを思い出し、同作の制作会社「feel.(フィール)」に相談。アニメの背景を専門に制作している「プロダクション・アイ」を紹介され、イラストを描いてもらった。

 取り上げた近代建築は、埼玉りそな銀行蔵の街出張所、川越アートカフェパレードなど21カ所。写真で撮影すると光の加減で陰になってしまう部分も、アニメ背景画ならばはっきりと描くことができる。電線など邪魔なものは省略し、背景は青空と、完璧な状態で建物を表現している。

 記事は神谷さんが建物を一軒一軒巡り、取材をして執筆した。西洋風の建物は石やモルタルで造られ、三連窓など共通する様式はあるが、バラエティーに富んでいる。商家だったものが多く、商都として栄えた川越の歴史をしのばせるものばかりだ。

 これらの建物はアニメや特撮ドラマなどの舞台となることが多い。作品名も掲載し、「聖地巡礼」感覚で巡ることもできる。神谷さんは「家族で巡り、子どもはアニメ、大人は建物や歴史について話題にしてもらえたら」と話している。オールカラーで167ページ。税込み2200円。

 JR川越駅前の川越マイン3階で、掲載したイラストの原画と建物の模型の展示も8月31日まで開催されている。

 問い合わせは、仙波書房(ファクス04.2909.9395、メール semba.shobo@gmail.com)へ。

「川越の建物 近代建築編」から「リストランテ・ベニーノ」(仙波書房提供)