J3鹿児島ユナイテッドに訪れた転機。上野新監督に期待されるレノファの再現!

©フットボール・トライブ株式会社

鹿児島ユナイテッド

大混戦のままに中断期間に入った明治安田生命J3リーグ(東京五輪期間はJ1~3のいずれもリーグ戦を中断。J3は8月28日第16節より再開)。今季2021シーズンのJ3は15チームで争っているため、毎節1チームが“お休み”となる。前半戦最後となった先週末(7月10、11日)の第15節は、前節終了時点でトップに立っていたFC岐阜に試合が無く、順位が大きく入れ替わった。

結果、J3前半戦の首位に立ったのは、カターレ富山だ。しかし、同じ勝点26で福島ユナイテッドFCが続いている。さらに首位と勝点2差で5位のテゲバジャーロ宮崎までがひしめき合い、8位のヴァンラーレ八戸までが勝点6差で続く状態で、J2昇格枠の2位以内を争っている(ただし、福島、宮崎、八戸は現段階でJ2ライセンスを取得していない)。

昨季2020シーズンのJ3では、ブラウブリッツ秋田が開幕から28試合無敗で独走のまま優勝したため、その効率の良い勝ち方が他のJ3クラブにも拡散された。しかし、そんなJ3の中にクラブ主導のスタイルを貫く異色のクラブがある。今季は9位で前半戦を折り返した、鹿児島ユナイテッドFCである。

鹿児島ユナイテッドFCは、ヴォルカ鹿児島とFC KAGOSHIMAが統合され2014年から活動を開始したクラブだ。統合前の両クラブが4部リーグ相当にあたるJFL(日本フットボールクラブ)昇格を決めていたこともあり、彼等がJリーグを目指す戦いはJFLからのスタートとなった。


鹿児島ユナイテッドFC「Jリーグ昇格後の成績」作成:筆者

活動初年度の2014年にJFLで3位に躍進した鹿児島。2年目の2015年にはJリーグへの加盟に必要な「Jリーグ百年構想クラブ」の認定を受け、JFLでも昇格条件の4位となってJ3昇格を決めた。J3昇格してから3年目の2018年に2位となってJ2昇格を決めるのだが、1年でJ3降格し現在に至る。

そんな鹿児島は、2014年から4度の監督交代をしながらも同じプレースタイルを貫いている。気になるスタッツは後述するが、成績面でもJ3で過ごした4シーズンはほぼ同じ。選手が大幅に入れ替わっても勝点が50~58ポイントで、得失点が10~12と振れ幅が小さい。

2017年5月J3、鹿児島ユナイテッドFW藤本憲明と長野パルセイロGK阿部伸行が勝負 写真提供:Gettyimages

2年連続J3得点王!異能のストライカー藤本憲明の存在

4度の監督交代を経ても、チームとしてのプレースタイルが変わらない鹿児島。サッカーは個では勝てなくても組織で対抗できる楽しみ方があるが、異能のストライカーであるFW藤本憲明(現ヴィッセル神戸)の存在抜きでは語れない。

藤本は近畿大学を卒業後、JリーガーにはなれずにJFLの佐川印刷京都SCでプレー。26歳となった2015シーズン限りでチームの解散が決まり、翌シーズンにJ3へ初昇格する鹿児島への加入を決めた。鹿児島加入後の藤本は誰よりも貪欲にゴールを求め、2016年は15ゴール、2017年は24ゴールで2年連続J3得点王を獲得。社会人サッカー出身だけに守備でも献身的にプレーできる藤本だが、今夏にJ2京都サンガに引き抜かれた福島FWオリグバッジョ・イスマイラのようなドリブル突破などで相手DFを抜き去る個の能力では劣る。だからこそ、大卒後にJリーガーになれなかったのだろう。

しかし鹿児島にはクラブ主導で根付いたスタイルがあり、チーム全体がチャンスを創出してくれる。藤本は相手DFラインとの駆け引きで裏を取ったり、クロスからのシュートなど、ゴール前でその才能を発揮して得点を量産した。浅野哲也監督と三浦泰年監督の下、鹿児島でエースストライカーとして実績を残した後、2018年からJ2大分トリニータへ移籍。移籍後も得点を量産して大分のJ1昇格に貢献し、J1の舞台でも一世を風靡する活躍を見せると、現在はより良い条件である神戸でプレー。2020年の元日には、こけら落としとなった新国立競技場での得点者第1号となり、神戸のクラブ史上初タイトルとなる天皇杯優勝にも貢献している。

そんな異能の点取り屋を持ってしてもJ2昇格を逃していた鹿児島だったが、意外にも藤本が去った直後の2018年にJ3で2位となり見事にJ2昇格を勝ち取るのだった。昇格を決めたホーム最終戦のゴール裏スタンドに、当時は大分でプレーしていた藤本の姿があったことが話題になった。

J2昇格を決めた2018シーズンの鹿児島は全32試合で46得点を挙げ、チーム最多はMF吉井孝輔とFWキリノの5ゴール。しかし2014年に1度現役を退いている吉井は改めてこのシーズン限りで引退し、33歳になっていたFWキリノも途中出場が多くなり同年限りでチームを去った。鹿児島は、得点源がいなければ誰が出ても得点できる攻撃にも切り替えられることを証明して、J2昇格を勝ち取ったのである。

鹿児島ユナイテッドFC「スタッツに見えるブレないスタイル」作成:筆者

クラブ主導のブレないスタイル

藤本が去っても得点力やチーム力が落ちずに安定した戦いができたのは、クラブ主導のブレないプレースタイルがあるからである。それは上記のスタッツにも表れている。

鹿児島はJ2に昇格し、1年で降格を喫した2019シーズンも含めてボール保持率が1度も50%を割っていない。そして、ボールを繋いでしっかりとペナルティエリア(PA)まで侵入していけるスタイルを継続している。だからこそ藤本の決定力が活きたわけだが、藤本退団後にJ2昇格を決めたように、得点パターンはその時のチーム編成によって変化している。

今季の鹿児島ではクラブ史上初めてシーズン途中に監督交代が起きた。昨季まで横浜F・マリノスでアンジュ・ポステコグルー監督のコーチを務めたアーサー・パパス氏を指揮官として迎えるも、同氏が家庭の事情で5月28日に退任。その後、1カ月以上に渡って大島康明ヘッドコーチが暫定監督としてチームを指揮した(パパス氏は母国豪州のニューカッスル・ジェッツの監督に就任)。

大島暫定監督がチームを束ねていたとはいえ、暫定政権は選手たちやチームの“素”の部分が出る。面白いことに“素”で戦った結果、ボール支配率やパス本数はリーグトップの数値を叩き出し、PA内へ進入できる攻撃も仕掛けることができていた。鹿児島が貫いてきたスタイルは“素”になったことで先鋭化されたようだ。

パパス体制下では7戦2勝2分3敗、大島体制移行後は6戦3勝1分2敗。やや盛り返し、順位も15チーム中の9位というタイミングの7月4日、上野展裕氏の新監督就任が決まった。歴代の浅野氏や三浦氏、金鍾成氏に続き、ポゼッションサッカーの流れを汲む監督人事である。また、縦志向の攻撃色も監督人事と共に強まって来ている。

上野展裕監督 写真提供:Gettyimages

上野展裕新監督に期待されるのはレノファの再現?

クラブ主導で継続し、先鋭化されて来たスタイルを受け継ぐ上野新監督は、2015年にレノファ山口FCの指揮官としてチームをJ3優勝に導いている。それも36試合で96得点という圧倒的な攻撃力を披露していた。山口はJ2昇格後もその痛快な攻撃サッカーで旋風を巻き起こした。

以降、山口では毎年のように主力選手が引き抜かれる状況が続いている。ただ、戦術的に特殊で選手たちの持ち味を発揮できる魅力的なサッカーを続けているため「1年はレノファでプレーしてみたい」と願うJ1の若手選手も多い。「毎年のように多くの別れがある反面、新たな出会いも多い」という、新陳代謝の激しい地方クラブならではの魅力を体現し続けている。

「2021年の鹿児島ユナイテッドと2015年のレノファ山口のスタッツ」作成:筆者

そんな山口がJ3優勝を成し遂げた2015シーズンと今季の鹿児島のスタッツが少し似ているので上記してみた。得点の数が大幅に足りないが、上野新監督に託されたのは、まさにこの時の山口の再現だろう。

上野監督のスタイルが浸透するとボール支配率はやや下がるだろうが、縦志向が強く、ゴールに向かって複数の選手がスプリントし、相手へ相当な怖さをもたらすと思われる。たとえ決定力がなかったとしても、GKに防がれることも計算してシュートを全てファーサイド側に撃ち、そのこぼれ球やシュート性のクロスをファーサイドで詰めたり、スライディングで押し込むような泥臭さやハードワークで得点に完結させる。鹿児島のスタイルに合っていて、なおかつ足りない部分を指導することにも長けた最適な指揮官である。


デポルティーボ・アラベスFW原大智 写真提供:Gettyimages

欧州デポルティーボ・アラベスとの提携

魅力を手にしつつある鹿児島に注目するクラブが欧州にもある。先頃、2019年のJ3得点王に輝いたFW原大智が加入した、スペインのデポルティーボ・アラベスである。元日本代表MF乾貴士も2019年1月から半年間在籍したアラベスは、スペイン北部バスク自治州の州都ビトーリアに本拠を構え、来季は6年連続でスペイン1部(ラ・リーガ)を戦う。

アラベスは世界初のプロバスケットボールクラブをオーナーに持つクラブだが、原がアラベス移籍直前まで所属していたクロアチアのNKイストラ1961やフランスのFCソショーと提携している“やり手クラブ”である。そして、2018年11月には鹿児島とも業務提携を結んだ。

コロナ禍もあって実現していないが、「鹿児島に必要な選手を我々のネットワークから提供できる」と、アラベスグループからの補強が視野に入るのは大きい。プレースタイル的にも鹿児島のポゼッションスタイルが合っているのだろう。

そして高校サッカーの名門である鹿児島実業高校があり、Jリーグ開幕前の各クラブがキャンプ地として重用する鹿児島の地に誕生した“おらが町のクラブ”鹿児島ユナイテッドFCは、地元に根差しているのである。

関連記事:東京五輪世代FW原大智がスペイン1部アラベスへ移籍する背景。大出世する歴代J3得点王!

データ引用:データスタジアム株式会社

この記事はいかがでしたか?