子宮移植、条件付きで容認

日本医学会が報告書、慶大が計画

©一般社団法人共同通信社

「子宮移植」を巡る報告書をまとめ、記者会見する検討委員会の飯野正光委員長。左は日本医学会の門田守人会長=14日午後、東京都文京区

 病気で子宮がない女性が出産できるようにするため第三者の子宮を移植する「子宮移植」を巡り、日本医学会の検討委員会は14日、「少数に限定し、臨床研究として実施することを容認する」とした報告書をまとめた。患者の診断や治療、ケアに関する対策を強化するなどの条件を付けた。国内では、慶応大のチームが実施を計画している。

 臓器移植法では、脳死移植での子宮の提供は認められておらず、国内実施の場合は、母親などの親族からの子宮提供が想定されている。

 報告書では、手術に伴うリスクを患者や提供者など全ての関係者が十分理解した上で、実施を望むことが担保されていることを条件とした。