飲食店狙い撃ちに「反旗」

「酒に罪ない」政府を批判

© 一般社団法人共同通信社

「BEER&CAFE BERG」の店内に掲げられたポスター=9日、東京都新宿区

 12日に発令された4度目の緊急事態宣言で、東京の飲食店は特に厳しい立場に追い込まれている。時短営業や酒類提供禁止に応じなければ罰則対象になる上、政府は順守しない店との取引停止を酒類販売事業者に要請(後に撤回)。店の感染対策を客が予約サイトで評価する仕組みも発表した。狙い撃ちとも言える状況に、要請に協力してきた飲食店も行政批判の張り紙をする「反旗」を掲げ始めた。

 JR新宿駅近くの「BEER&CAFE BERG」。店奥で「酒に罪はない」と題したポスターが「労働者のささやかな楽しみまで奪って、感染対策と何の関係があるのですか?」と疑問を投げ掛ける。