【シンガポール】代替鶏肉の新興企業が資金調達、米国進出へ[食品]

© 株式会社NNA

ネクスト・ジェン・フーズが提供する代替肉ティンドルを使った食事(同社提供)

代替鶏肉の開発を手掛けるシンガポールの新興企業ネクスト・ジェン・フーズは、会社設立直後の段階で実施する「シードラウンド」の資金調達で、追加で2,000万米ドル(約22億円)を調達した。代替肉の最大市場である米国への1年以内の進出に向け、事業を加速する。

中国の紀源資本(GGVキャピタル)、中国を本拠にアグリテック(先端農業技術)・フードテック(先端食品技術)企業に投資するファンドのビッツXバイツ、シンガポールの飲料大手ヨー・ヒャップセンのほか、実業家やスポーツ選手などの個人投資家から資金を調達した。

今年3月に調達していた1,000万米ドルと合わせ、シードラウンドでの調達額は計3,000万米ドルとなった。植物由来の代替肉を扱う企業のシードラウンドの規模としては最大級という。

ネクスト・ジェン・フーズは向こう12カ月以内の米国進出を目指す。同国では、研究開発(R&D)、営業、サプライチェーン(調達・供給網)の管理、財務、マーケティングなどの人員を50人余り採用する計画だ。米国は代替牛肉や代替豚肉を取り扱う企業は多いが、ネクスト・ジェン・フーズが製造する代替鶏肉については供給がまだ少ないことから、進出を決めたという。

ネクスト・ジェン・フーズは、植物由来の代替鶏肉「ティンドル(TiNDLE)」を提供。シンガポールでは今年3月に飲食店での取り扱いが始まり、現在は香港とマカオを含む3カ国・地域の70店舗余りで提供されている。年内にはもう2カ国・地域での提供開始を目指す。

ティンドルの原材料は9種類で、水、大豆、ひまわり油、ココナツ油脂などから作られる。100グラム当たりのタンパク質含有量は17グラムで、コレステロールや砂糖、トランス脂肪酸は含まない。