サッカー男子、スペインと分ける

優勝候補相手に手応え

©一般社団法人共同通信社

日本―スペイン 前半、先制ゴールを決め、駆けだす堂安。右は祝福する久保建=ノエビアスタジアム神戸

 22日に東京五輪サッカー男子の1次リーグ初戦を控える日本代表は17日、ノエビアスタジアム神戸での強化試合でスペイン代表と1―1で引き分けた。優勝候補相手に勝利こそならなかったが、本番前最後の一戦で手応えをつかんだ。

 日本は前半に久保建英(レアル・マドリード)のアシストから堂安律(PSVアイントホーフェン)がゴールを奪った。

 サッカー男子は23日の開会式前日に始まり、1968年メキシコ五輪の「銅」以来のメダルを狙う日本は1次リーグで南アフリカと対戦後、25日にメキシコ、28日にフランスと顔を合わせる。