市内2カ所に「セルフ定期券継続機」設置 長崎バス

©株式会社長崎新聞社

セルフで定期券の更新ができる継続機=長崎市、ココウォークバスセンター

 長崎バス(長崎市)は16日、窓口に行かなくても、セルフで定期券の利用継続ができる機械を同市内のバスセンター2カ所に設置、運用を開始した。窓口が開設されている時間以外でも、タッチパネル式の継続機で更新ができ、利用者の利便性の向上が期待される。
 設置場所は、新地総合サービスセンター案内窓口前(新地町)とココウォークバスセンター(茂里町)。運用時間は午前8時~午後8時。対象は、昼間フリー定期券を含む、すべての定期券(団体契約の企業定期券は除く)。