五輪選手村で1選手含む9人陽性

初のボランティア1人

©一般社団法人共同通信社

東京五輪の選手村=18日午後、東京都中央区(共同通信社ヘリから)

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は20日、新たに東京・晴海の選手村滞在の海外選手1人を含む9人の大会関係者が新型コロナウイルス検査で陽性になったと発表した。国内在住者のボランティア1人が含まれ、1日以降でボランティアの陽性確認は初めて。

 組織委は、南アフリカのサッカー男子代表チームの濃厚接触者について、21人から3人が除外されたことも明らかにした。関係者によると、選手村内の保健所による追加調査の結果、3人は陽性者と接触がなかったと判明。濃厚接触者に当たらないと判断された。

 事前合宿で来日した選手らを除く大会関連の陽性者は、1日以降計67人となった。