厚労相、WHOトップと会談へ

事務局長がIOC総会で来日

©一般社団法人共同通信社

 厚生労働省は21日、田村憲久厚労相と世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が同日午後、会談すると発表した。新型コロナウイルスに関連した医療、保健分野での国際協力について意見交換する。これに先立ち、テドロス氏は20日、ツイッターに日本語で投稿し、東京都内で開かれている国際オリンピック委員会(IOC)総会出席のため、日本入りしたことを明らかにしていた。

 テドロス氏は「シンプルな、しかし緊急のメッセージを届けるために来ました」と来日の目的を説明し「新型コロナウイルス感染症は、私たち一人一人が役割を果たして初めて打ち勝つことができます」と強調した。