日本、白星スタート

ソフトボール・21日

©一般社団法人共同通信社

オーストラリア戦に先発した上野=福島県営あづま球場

 ソフトボールの1次リーグが始まり、北京大会以来の金メダルを狙う日本はオーストラリアに8―1で五回コールド勝ちし白星スタートを切った。

 エース上野(ビックカメラ高崎)が五回途中まで1失点、7三振を奪う力投。1―1の三回に内藤(ビックカメラ高崎)の2ランで勝ち越した。その後も四回に藤田(ビックカメラ高崎)の2ランなどで3点を加え、五回に山本(ビックカメラ高崎)の2ランで勝負を決めた。

 1次リーグは6チームが総当たりで争い、上位2チームが決勝へ、3、4位が3位決定戦へ進む。

 宇津木麗華監督の話 ひと安心した。最初は緊張していたので(選手に)優しい言葉を掛けていた。上野は考えすぎていたけど、いいと思う。勝てたことが日本代表にとっていいスタート。

 上野由岐子の話 立ち上がりは丁寧にいき過ぎてボール先行になり失点してしまったのが正直、悔しい。逆転してコールドで勝てていいスタートが切れた。

日本―オーストラリア 3回、内藤が勝ち越し2ランを放つ=福島県営あづま球場