ロボットトイ「toio」レンタルサービス開始

©株式会社イード

「toio」が体験できるレンタルサービス(イメージ)

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は2021年7月20日、ロボットトイ「toio(トイオ)」のレンタルサービスを開始した。プログラミングが初めての人にお勧めの本体と専用タイトルのセット、ロボットプログラミングに挑戦できるコア キューブと専用充電器のセットがあり、購入前に自宅で「toio」を体験することができる。

「toio(トイオ)」は、SIEが発売する子供の創意工夫を引き出すロボットトイ。別売りの専用タイトルと組みあわせて遊ぶことができる他、コアキューブとパソコンやタブレットを使ってプログラミング学習に挑戦することもできる。

SIEによるとこれまで、購入を検討している人から「toioを体験してから購入を決定したい」「購入前に自宅で遊んでみたい」等の意見が寄せられていた。今回、要望に応えて、家電やカメラのレンタルサービスを展開するレンティオにて7月20日より、toioのレンタルサービスを開始した。

レンタル対象商品は、プログラミングが初めての人にお勧めのセットと「toioコア キューブ」を使ったロボットプログラミングにチャレンジしたい人向けのセットの2種類。それぞれ、短期プラン(14泊15日、1日単位で延長可能)と月額プランを設けている。

このうち、「toio本体セット」とプログラミングを始めるのに最適な専用タイトル「GoGo ロボットプログラミング~ロジーボのひみつ~」を組みあわせたセットは、パソコン不要で、カードを使った“アンプラグドプログラミング”によるゲーム感覚でプログラミングの第一歩を踏み出すことができる。短期プラン5,500円(税込)、月額プラン3,000円(税込)。

「toioコア キューブ2個」と「toioコア キューブ専用充電器」のセットでは、ビジュアルプログラミングを中心としたアプリ「toio Do(トイオ・ドゥ)」やUnity等と連携し、より本格的なプログラミング体験を楽しむことができる。短期プラン4,500円(税込)、月額プラン2,200円(税込)。

送料は貸出時、返送時ともに無料。商品は、点検済みのリユース品。気に入れば、利用中に追加料金を払ってそのまま購入もできる。レンタルの申込みは、レンティオのWebサイトから受け付けている。レンタルサービス開始を記念した「toio」ノベルティプレゼントキャンペーンも数量限定で行っている。

◆「toio」レンタルサービス

【「toio本体」+「GoGo ロボットプログラミング~ロジーボのひみつ~」セット】

レンタル料(税込):短期プラン5,500円、月額プラン3,000円

【「コア キューブ2個」+「コア キューブ専用充電器(USB端子)」セット】

レンタル料(税込):短期プラン4,500円、月額プラン2,200円

奥山直美