五輪中、東京の感染者2600人

専門家試算「2週間内に危機」

©一般社団法人共同通信社

東京都のモニタリング会議後の記者会見で、厳しい表情を見せる小池百合子知事(中央)=21日午後、都庁

 東京都は21日、新型コロナウイルスの感染状況を分析するモニタリング会議を開いた。現在の増加ペースで推移した場合、都内の感染者数は東京五輪期間中の8月3日時点で直近7日間の平均が2600人近くに上るとの試算を専門家が提示した。その上で「2週間を待たず年末年始の第3波をはるかに超える危機的状況になる」と強く警戒を呼び掛けた。21日の新規感染者は1832人で、1月16日以来の1800人台となった。

 今月15日の会議では五輪後の8月11日時点で2400人程度との見通しだったが、増加ペースが加速して、感染者数の上昇予測も前倒しになった。

マスク姿で行き交う大勢の人たち=21日午後、東京・渋谷