韓国、文氏側近知事の実刑確定

大統領選前に与党打撃

©一般社団法人共同通信社

21日、有罪判決確定を受け韓国の慶尚南道・昌原市で取材に応じる金慶洙知事(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国最高裁は21日、2017年の大統領選を巡り、現在の与党「共に民主党」に有利になるよう主犯の元党員の男と共謀してインターネット上で世論操作をしたとする罪に問われた同党所属の金慶洙・慶尚南道知事の上告審判決で、懲役2年とした二審判決を支持した。実刑判決が確定した。

 金被告は文在寅大統領の側近で、来年3月に次の大統領選を控える中、与党への打撃となる。韓国メディアによると金被告は近日中に収監される見通し。知事の職を失い、被選挙権も5年間剥奪される。

 金被告は一貫して無罪を主張してきた。元党員は懲役3年の実刑判決が確定し服役を終えて出所している。