JR東海の金子社長「リニアのルート見直しは考えられない」着工を拒否している静岡県がルート変更求める

©東海テレビ

静岡県での着工ができず、2027年の開業が困難となっているリニア中央新幹線について、JR東海の金子慎社長が「ルートの見直しは考えられない」との認識を示しました。

21日の定例会見で金子社長は「ルートの見直しは一連の計画を振り出しに戻すということになるので困難、考えられない」と話し、リニア中央新幹線のルート変更を検討しない考えを示しました。

リニア中央新幹線をめぐっては、水資源への影響を懸念する静岡県が着工を拒否し、ルート変更を求めていましたが、6月、JR東海の株主総会で宇野護副社長が「ルート変更はあり得ない」と言及していました。

金子社長は「地元の方には工事の施工責任者として、いずれ直接お話ししたい」と、社長自ら住民らに説明する意向も示しています。