静岡市PRソング配信停止

小山田氏編曲、苦情で

©一般社団法人共同通信社

 静岡市は21日、過去のいじめを巡って東京五輪・パラリンピック開会式の楽曲担当を辞任したミュージシャン小山田圭吾氏が編曲した市のPRソング「まるちゃんの静岡音頭」の動画配信などを停止すると発表した。苦情がきており「市民からの意見を考慮した」と説明している。

 静岡音頭は2013年に制作され、静岡市出身の漫画家で18年に亡くなったさくらももこさんが作詞した。当初ピエール瀧さんが歌っていたが、薬物事件で逮捕されたため、19年から使用を控えていた。

 今月19日にリニューアルされ、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開したほか、市役所内で放送していた。