奈良税務署 新署長が抱負語る

©奈良テレビ放送株式会社

 奈良税務署の新しい署長に着任した打田哲也さんが21日、奈良テレビ放送を訪れ抱負を語りました。

 7月10日付けで署長に着任したのは、打田哲也さん(59)です。打田さんは昭和59年に大阪国税局に採用され、相続税の相談などに携わり、税務大学校大阪研修所長などを歴任しました。

打田さんはスマートフォンを使った確定申告のシステムが改良され、利用者が増加していると話し、今後もAIが質問に答えるチャットボットシステムを充実させるなど税務行政のデジタル化を進め、納税者の利便性の向上と課税・徴収の効率化を図りたいとしています。