千葉市 ワクチンパスポート申請受付26日開始

©千葉テレビ放送株式会社

千葉市 ワクチンパスポート申請受付26日開始

 国からの通知を受け、千葉市は、全国の自治体と同様に7月26日から新型コロナの予防接種証明書「ワクチンパスポート」の申請受付を始めます。

 申請できるのは、海外渡航の予定がある市民で、新型コロナのワクチンを打ったと確認できる接種券の写しなど、必要書類をそろえた上で市に申請すれば、1週間程度で証明書が発行されるということです。

 市内のワクチン接種の状況は、高齢者の8割以上が1回目のワクチンを打ち終え、希望する高齢者へのワクチン接種は7月末までに完了する見込みです。

 千葉市の神谷市長は、21日の記者会見で、新型コロナの感染防止と収束に向けて「ワクチンが最も有効な手段」とした上で、「自分のためだけでなく、家族や同僚など、周りの人達のためにも正しい情報を基に自身で判断した上でワクチンを打ってほしい」と呼びかけました。