エド・シーラン、新コンサート会場のこけら落としライブが開催へ

©BANG Media International

エド・シーランが、英コベントリーにできたコンサート会場「HMVエンパイア」のオープニングライブを担う。来月25日、新会場の建設及びHMV設立100周年を祝うグランドオープニングに700人の観客を無料招待するという。

イギリス中部コベントリー市内の別の場所から50万ポンド(約7500万円)をかけて移転した同会場、「HMVは物心ついてから入り浸ったお店で、たくさんの音楽をあそこで知った。だから彼らとこの記念を祝えることを楽しみにしている」とエドは語っている。

一方、新会場の共同オーナー、フィル・ルーニーとデイヴ・ブレイリー氏はこう話す。「世界最大級のアーティストのひとり、エド・シーランがコベントリーに来るだけでなく、新会場HMVエンパイアでパフォーマンスをしてくれる、単純に驚くべきことです」

同イベントへの参加は18歳以上のみが対象となっており、事前の体温チェックが義務付けられている。

一方エドはつい先日、コロナ感染者との接触で自主隔離生活を強いられていることが明らかになっていたばかりだ。