コールドプレイ、ニューアルバムが10月リリースへ

©BANG Media International

コールドプレイの新作『ミュージック・オブ・ザ・スフィアーズ』のリリース日が決まった。9枚目のスタジオアルバムは10月15日にリリース、それに先駆け5月にリリースされた『ハイアー・パワー』もヒットを飛ばしている。

マックス・マーティンをプロデューサーに迎えた新作について同バンドのインスタグラムには手書きの告知と収録曲を紹介するアニメーションのトレイラーが投稿、告知の文章の1つ「場所次第で誰もがエイリアン」や宇宙旅行を模したトレイラーからも、同作がサイエンス・フィクションをテーマに掲げていることがうかがえる。

更に、フロントマンのクリス・マーティンも最近、同バンドの新曲が『スター・ウォーズ』からインスパイアされていると明かしていたところだ。先行シングル『ハイアー・パワー』のPVでも、ロボット犬や巨大ホログラム、踊るエイリアンのストリートギャングらが住む架空の惑星カオティカで演奏していた同バンド、ニューアルバムは太陽系のような想像上の惑星系を舞台にしたものになるとクリスは続け、また同バンドの残り時間は少ないとして、最後の作品の一つになるだろうと示唆していた。

そんな同新作は全12曲中5曲が絵文字のみのタイトル、store.coldplay.comで予約可能となっている。