アリシア・ヴィキャンデル、『トゥームレイダー』第2弾進行中

©BANG Media International

アリシア・ヴィキャンデル(32)が、 『トゥームレイダー』第2弾が進行中であることを明らかにした。ビデオゲームを映画化した2018年の『トゥームレイダー/ファースト・ミッション』でララ・クロフト役を演じたアリシアは、コロナの影響により新作の企画が中断していたものの、脚本兼監督を担う『ラブクラフト・カントリー 恐怖の旅路』のミシャ・グリーンが脚本に着手していることを認めた。

コライダーのインタビューに応じたアリシアは、同作の企画が今も進行しているのかどうか質問され、「コロナの前は、イエスと言っていたでしょうね。今でも、イエスだと思う」「青信号が出たわけではないけど、脚本に取り掛かっているし、皆ワクワクしている。ぜひララを再び訪れたいと思っているわ」と答えた。

同作は、当初今年3月の公開を予定していたが、撮影が延期となっていた。

「とても最近のことよ。(脚本の執筆が始まったのは)世界が再び動きだしてからなの。ミシャが参加して、脚本に着手している」「それを読むのをとても楽しみにしているの」とアリシアは続けた。

「トゥームレイダー」シリーズに関しては、過去にはアンジェリーナ・ジョリー主演作品が2作製作されており、2018年にアリシアがララ役を引き継いでいた。