宇久の高速船浮桟橋 31日から使用再開 2隻体制に戻る

©株式会社長崎新聞社

 長崎県佐世保市宇久島の平漁港の高速船用浮桟橋が昨年9月の台風で壊れ、使用できなくなっていた問題で、県は復旧工事が今月30日までに終了し、31日から使用を再開すると発表した。
 同港は宇久島と佐世保本土などを結ぶ高速船の発着場所となっている。通常は2隻が運航していたが、台風被害の発生以降、別の浮桟橋を利用して1隻のみの運航となっていた。31日以降は2隻体制に戻る。