立ち直りを地域で支える 社会を明るくする運動

横浜市青葉区

©株式会社タウンニュース社

「社会を明るくする運動」の内閣総理大臣メッセージ伝達式が12日、青葉区役所で行われた。

犯罪や非行の防止と罪を犯した人の更生について理解を深め、安全で安心な明るい地域社会を築くことを目的とする同運動。この日は青葉保護司会の野本建夫会長が区役所を訪れ、総理大臣からのメッセージを小澤明夫区長に手渡し、協力を求めた=写真。

区内では毎年7月に同会や更生保護女性会を中心に街頭啓発キャンペーンを行っているが、コロナ禍で中止に。野本会長は「活動が難しい部分もあるが、ぜひ多くの方に理解を深めていただき、立ち直ろうとする彼らの再出発を地域で支えていきたい」と語った。