台風6号さらに発達 沖縄は長引く暴風に厳重警戒を 記録的な大雨のおそれも

©株式会社ウェザーマップ

23日(金)午前9時の雨と風の予想

 大型で強い台風6号は、沖縄の南を発達しながらゆっくりと西よりに進んでおり、24日(土)にかけて非常に強い勢力で先島諸島にかなり接近する見込み。沖縄地方では暴風や高波、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、高潮に厳重な警戒が必要だ。奄美地方では、高波に警戒が必要となる。

22日(木)午後4時の台風6号の位置と進路予想

 大型で強い台風6号は、22日午後4時には宮古島の南南東約150キロにあって、ゆっくりした速さで北西へ進んでいる。中心の気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は60メートル。台風は、発達しながら沖縄の南をゆっくりと北西に進み、24日(土)にかけて非常に強い勢力で先島諸島にかなり接近する見込み。台風の動きが遅いため、先島諸島では暴風や猛烈なしけとなる時間が長く、総雨量が多くなるおそれがある。

<暴風・高波>

予想される風と波

 台風6号の影響により、沖縄地方では暴風が吹いて、猛烈なしけとなっている。沖縄地方では、24日(土)にかけて猛烈な風が吹いて大荒れとなり、うねりを伴った猛烈なしけが続く見込み。奄美地方では、24日(土)にかけて強い風が吹いて荒れた天気となり、うねりを伴った大しけが続きそうだ。

 暴風やうねりを伴った高波に警戒が必要だ。特に先島諸島では、猛烈な風が吹き、猛烈なしけが続くため、一部の住家が倒壊するおそれがある。風が強まる前に頑丈な建物の中に移動するとともに、屋内では窓から離れるなど暴風に厳重な警戒が必要だ。高波にも、厳重にな警戒が必要となる。

<大雨・雷・突風>

予想される24時間降水量

 沖縄地方と奄美地方では、台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定となり、雷を伴った非常に激しい雨が降り大雨となる所がある見込み。

 土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒が必要だ。竜巻などの激しい突風や落雷にも注意が必要で、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保に努めたい。

<高潮>

23日(金)午前6時の波の予想

 台風の接近と大潮の時期が重なるため、沖縄地方では、23日(金)にかけて潮位が高くなり、海岸や河口付近の低地では浸水や冠水のおそれがある。高潮に厳重な警戒が必要だ。