津山の鉄道館でQRクイズラリー 家族ら挑戦、9月26日まで

©株式会社山陽新聞社

QRコードを読み取りクイズに参加する親子

 JR津山駅構内の津山まなびの鉄道館(津山市大谷)で22日、QRコードを使った「QRクイズラリー」が始まった。大勢の家族連れらが楽しみながら鉄道の知識を深めている。9月26日まで。

 館内4カ所にQRコードを設置。スマホで読み取ると、鉄道に関する問題が出題され、全4問を正解すると、同館や岡山県について紹介する漫画本や、列車がプリントされた缶バッジがもらえる。

 家族で訪れた倉敷市の小学1年男子(6)は「電車はかっこいいから大好き。特にディーゼル機関車が好き」と言い、父親(45)は「子どもがクイズを楽しみながら、鉄道について詳しくなってもらえれば」と話した。

 クイズラリーのほか、鉄道玩具・プラレールも展示されている。期間限定のイベントとなる展示車両の洗車体験や、高所作業車に乗って上空から扇形機関車庫を見学できる「スカイビューイング」もある。

 来夏に県内各地で展開される大型観光企画「岡山デスティネーションキャンペーン」のプレ事業と、同館の開館5周年記念事業として行われている。問い合わせは同館(0868―35―3343)。